大航海時代オンラインのゼフィロス鯖にて、色恋沙汰に花咲かせながら冒険を続ける一航海士の日記です。 フレ常時募集!気軽にお声を^^b
http://etiennemerz.blog20.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
傷だらけの冒険者
2005-12-11 Sun 14:07
 何回も絡まれながらも、何とかマルセイユに戻った俺。
だが、一張羅の服は奪われ、(つまり真っ裸@@;)まさに乞食同然だった;
 それでも帰ってみると、再びイベントへのいざないが・・・
どう見ても只者ではなさそうな、眼帯の神父が、俺に託したのは
豪華そうな首飾りだった
 これをナポリのジュリアンに届けろというんだが・・・
金に困ってた俺はそれを着服し受け取ったものの
「あれ?俺、東地中海なんていけないぞ?」
だが、そこはうまくしたもので、出航所へ行ってみると
「離宮で発行してもらってください」なるアドヴァイスが
これで世界がまた広がる!・・・・と思いきや;;
一回目に来た時には
「怪しい者をとおすわけにはいかん」なる無慈悲な台詞
どないせえっつうじゃ!
仕方ないので、俺はクエストを求め、マルセイユ、ジェノヴァ間をうろうろと彷徨って航海していた。
 しばらくして帰ってみたら離宮の方から呼び出しが・・・
こうして俺は、東地中海の入国許可書を手に入れた!
やっとこさげっと^^ノ

さて、早速危険海域に開かれた俺の舞台・・・
(その気になれば、アテネやアレクサンドリアにもいけるようです^^;)
更に激しいサバイバルが待っていそうだ。
スポンサーサイト
別窓 | 考古学者エティエンヌの日記 | コメント:0 | トラックバック:1 
<<運命の出会いw | エティエンヌの仏蘭西浪漫大航海記 | 新米冒険者の苦境?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
モナコ公国の中心地に位置するモンテカルロ・ スパ・ミラボーが、本来の力を取り戻すスペース を提供。オリエンタル風のくつろぎのインテリア に囲まれ、テルム・マリン・モンテカルロの全 ノウハウを再発見できる。地中海のエッセンス を使用した特別ケア(バス、ゴマージ …
2005-12-12 Mon 12:34 Fuyuu Japan
| エティエンヌの仏蘭西浪漫大航海記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。