大航海時代オンラインのゼフィロス鯖にて、色恋沙汰に花咲かせながら冒険を続ける一航海士の日記です。 フレ常時募集!気軽にお声を^^b
http://etiennemerz.blog20.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
インドの猛獣を追う!・・の巻き
2006-07-21 Fri 10:15
 無事、開錠ランクが1アップしたんで、開錠修行という名の宗教上げ(それって宗教上げって言わないような^^;)は一休み

一旦ヨーロッパに帰ってブラブラしていたのだが

俺の冒険魂は、遥かインド洋に向けられていた(・・と大げさかw)
 今度は視認修行を兼ねて地理学ツアーへと向かった!
しかし一件の依頼により、一行の興味はとある生物に向けられたのであった・・・
 
 その依頼の名は、カリカット発「危険な雲」
前にセシル=メルツというどこかの考古学者もやった依頼だった。
結構オサレな服も手に入る・・・
ということもあって、是非同行している2人にもやらせたい!と思ったが
 そこに至るまでの前提クエが面倒臭かった
まずはソファラ付近まで行き、ヒョウを発見、その後はモガディシオまで行き黒ヒョウを発見。
長かった・・長かったっす;
 途中、ディブ北で「インドの母なる河」を発見し
(一応、最初にも言ったが、今回はあくまでも地理学ツアーだった:過去形w)
 早速、ベンガル湾へGo!
無事、雲模様の猛獣を発見し、服もゲット^^ノ
3人で記念撮影


更にベンガル湾上陸地点の美術の地図もあったので、これも発掘
気になる中身は・・・?
100716D、中国画(交易品)8、インド更紗のショール(装飾品)、遠近法の基礎(冒険ブースト装備)、刃こぼれしたカトラス(・・・)だった^^
 更に最後に地理学地図で「アンダマン諸島」を発見し
寄り道だらけの冒険ツアーは終わったのだった。
スポンサーサイト
別窓 | 考古学者エティエンヌの日記 | コメント:1 | トラックバック:0 
<<新大陸上陸! | エティエンヌの仏蘭西浪漫大航海記 | 煩悩払いしてましたw>>
この記事のコメント
no.65:せしる・めるつは
せしる・めるつは開でエティエンヌと冒険された!
2006-09-16 Sat 18:40 | URL | BlogPetのせしる・めるつ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| エティエンヌの仏蘭西浪漫大航海記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。